読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ド素人の資産運用チャレンジ日記

お金オンチな40代シングルマザーがゼロから資産運用に挑戦!

MENU

【株式投資の学校】講義15:リスク管理と投資の心理学 受講メモ♪

目次

 

 

第15回の講義内容

いよいよ「株式投資の学校」最終回です。

ここまで様々な投資ノウハウを学んで来ましたが、そのノウハウを活かして持続的な資産形成をするためのリスク管理について学びました。また投資判断を左右する心理面について学びました。

テキスト目次の紹介します。

 

第15回:リスク管理と投資の心理学

1.リスク管理の技術

  • 「増やすノウハウ」+「リスク管理」=持続的な資産形成
  • リスクとは何か、深く考えよう
  • テールリスクを常に意識する
  • 株式投資の3種類のリスク
  • どのリスクを取り、どのリスクを取らないか
  • リスクとリターンの比率を考える
  • 安全域と危険域
  • 「売り」の考え方
  • 損切りの重要性とコツ
  • 迷いやストレスを感じた時の対処法
  • 大災害などの非常時の対処法
  • バブルへの対処法

 

2.短期トレード&信用売りの戦略とリスク管理

  • 個人トレーダーが勝率を上げるための3か条
  • マイナスサムゲームか、プラスサムゲームか
  • 節目でリスクとリターンを考える
  • スイングトレード&デイトレードの具体的戦略
  • 板(気配情報)の見方
  • 「信用売り」の戦略

 

3.投資の心理学

  • 投資家が陥る11の心理状況を学ぶ
  • 「立場や買い値で投資判断がゆがむ」ことへの対処法
  • 自分に甘い、現状を変えたくない心理
  • 損切りできない心理
  • ナンピンしてドツボにはまってしまう心理
  • 自信過剰、他の投資家と比較する心理による落とし穴
  • 投資を人生の味方につけていくために

 

第15回のポイント

リスク管理を徹底する目的

リスク管理は、

  • お金を増やし続けるため
  • 致命的な失敗を避けるため

に徹底して行う必要があります。

 

株式投資には以下3種類のリスクがあります。

  1. 銘柄リスク:銘柄固有のリスク(事業の定性面、業績見通し、財務体質、PERの高低、需給状況、など)
  2. 金額リスク:投資金額が大きすぎることによるリスク
  3. 時間リスク:保有期間が長くなることに伴うリスク

 

株式投資のリスクは、以下の式のように考えられます。

トータルリスク = 銘柄リスク × 金額リスク × 時間リスク 

 

銘柄分析が適確にできれば、銘柄リスクを低く抑えることができ、金額リスクと時間リスクを取れるようになります。ウォーレン・バフェットのような長期集中投資がこれに当てはまります。

一方で、時間リスクを究極的に少なくするのが、デイトレードです。

個人投資家にはプロのような銘柄分析は難しいので、その分のリスクを金額リスクと時間リスクに振り分ける、中長期分散投資が良さそうです。

 

株式投資で絶対やってはいけないこと!

  • 小型株の信用売り(空売り)
  • 信用取引時の自己資金のフルレバレッジ(3.3倍)
  • お金を借りて株をやる

 

当たり前の事ですが、のめりこんで正常な心理状態を失うとやりかねないかも知れないので、注意が必要ですね。そのためにも投資の心理学は有効です。

 

「株式投資の学校」総まとめ

講義の最後に、銘柄選びから売却までのステップをおさらいしました。

 

ステップ1 3つの基本で銘柄選定

業績、PER、チャート(トレンド)の3つの基本を満たした銘柄を選びます。

業績からアプローチする場合は、3ヶ月に一度四季報を読んで業績の良い銘柄を選定し、PERが高すぎずチャートが上昇トレンドならステップ2へ。

チャートからアプローチする場合は、「年初来高値」を1銘柄ずつチェックし、明日買えそうなチャートを見つけたら業績の拡大とPERを確認し、条件に合えばステップ2へ。

 

ステップ2 ウォッチ銘柄に登録

売買する可能性のある銘柄は、とりあえず登録しておきます。

講師おすすめは楽天証券の「お気に入り」ページ。

 

ステップ3 売りのルールを決めて株を買う

基本的には買いのルールを売りの条件にします。

四季報で業績から選んだ銘柄に投資する場合は、業績トレンドの変化を売りの条件にします。

チャートで選んだ銘柄に投資する場合は、移動平均線割れや安値割れなどチャートで売りを決めます。

 

 

ステップ4 売りのルールが来たら迷わず売却

売りのルールが決まっていれば一喜一憂せずにすみます。

 

勝率の高い売買ルールを確立するには、継続して試行錯誤を繰り返す必要があります。場数を踏んで経験を積んで、成功する自分の売買ルールを確立したいですね!

そのためにも続けることがもっとも重要です。

継続は力なり!

 

ファイナンシャルアカデミー 2017年講座スケジュール

最後に2017年の講座開講スケジュールをご案内頂きました。

なお、株式投資の学校は4月末から新期講座が始まっています。

 

★株式投資の学校(約4ヶ月間)

 

  

★経済新聞の読み方スクール(1日) 4/15大阪教室8/5東京本校

経済新聞の読み方スクール | ファイナンシャルアカデミー

 

★会計スクール(2日間) 6/3-4大阪教室10/28-29東京本校

会計スクール | ファイナンシャルアカデミー

 

★経済入門スクール(2日間) 5/20-21大阪教室9/9-10東京本校

経済入門スクール | ファイナンシャルアカデミー

  

★銘柄発掘トレーニングゼミ(1日) 6/17東京本校9月12月東京本校


★テクニカル分析ゼミ(1日) 5/28東京本校


★ファンダメンタルズ分析(1日) 10/21東京本校

 

 

お金の教養講座」から「株式投資の学校 体験学習会」を経て、「株式投資の学校」受講に至りましたが、ますますファイナンシャルアカデミーのファンになりました!

「株式投資の学校」は2年間自由に繰り返し受講できるので、まずは何度も復習をして、株投資の実践で経験を積んでから他コースの受講を考えたいと思います。

今一番気になっているのは… 銘柄発掘トレーニングゼミ!近いうちに受講したいです☆

ファイナンシャルアカデミーの講座は、無料のも有料のも、どれも楽しく非常にタメになります。そして実践につながりますオススメです!

 

お金の教養講座(1時間半) 無料ですよ!

 

株式投資の学校 体験学習会(1時間半)教室受講は無料!