ド素人の資産運用チャレンジ日記

お金オンチな40代シングルマザーがゼロから資産運用に挑戦!

MENU

【株式投資の学校】講義1~3:株式投資の基本&売買のタイミング 受講メモ♪

久しぶりの更新になってしまいました(^^;)

現在ファイナンシャルアカデミーの「株式投資の学校」と「お金の教養スクール」をダブル受講しているため(Web受講)、時間のやりくりが大変です。

ワーキングマザーかつシングルマザーであるため、使える時間が夜中か早朝のみ!

頑張って4時起きして受講しています。寝坊して5時になること多々ですが…(汗)

でも、とっても楽しいですよ!!

毎回の授業が楽しみで待ち遠しいです。

 

受講前は、新聞も取っていなければ、テレビも滅多に観ない。観たとしてもバラエティー番組で、ニュースなんぞ観もしなかった私。世の動きには無関心無頓着で、周囲の話題にもついて行けず…(汗)どうしようもない無知でした。

そんな私が、ファイナンシャルアカデミーの講座を受講するようになってから、新聞を読んだり経済ニュースを観たりと新しい習慣を取り入れるようになり、まだひと月ですが、次第に世の中の流れや動きが分かるようになってきています。読み流すだけ、聞き流すだけでも、違うんですね~。

今は「知る喜び」を味わっております(笑)

 

せっかくですので、備忘録をかねて、ここに「株式投資の学校」で学んだ内容を記します。

※「お金の教養スクール」で学んでいる内容も、別途備忘録を残して行きたいと思います。

 

 

目次 

 

 

「株式投資の学校」カリキュラム一覧

株式投資の学校で学べる大まかな内容は、次の通りです。

  1. 株式投資の3つの基本
  2. 買いタイミングの考え方
  3. 売りタイミングの考え方
  4. 取引の仕組み
  5. 株式とは何か
  6. 決算スケジュールとチェック法
  7. 決算発表と株価変動の事例研究
  8. 財務諸表の全体像
  9. 財務三表の分析
  10. 財務諸表分析の事例研究
  11. 全体相場の分析
  12. 定性分析
  13. テクニカル分析(チャートの基本)
  14. テクニカル分析(チャートの応用)
  15. リスク管理と投資の心理学

 

第1~3回の講義内容

第1回から第3回の講義で取り上げられた内容は以下の通りです。

 

【第1回】株式投資の3つの基本

  1. 株式投資の「3つの基本」
  2. 会社四季報&財務データを見る基本

 

【第2回】買いタイミングの考え方

  1. 買いタイミングを見極める
  2. 株価チャートを使うコツ

 

【第3回】売りタイミングの考え方

  1. 株式投資の「3つの基本」のおさらい
  2. バリュー&サプライズで株価は上昇する
  3. リスク管理とタイミングの考え方

 

テキストだけでなく、講師が用意する補助資料も使いながら学んでいます。

ここからは、特に大事な基本中の基本をまとめます。

 

 

投資銘柄を選ぶときのチェックポイント「3つの基本」

投資できる銘柄は株式市場に何千とあります。

その中から投資対象を選ぶ際、真っ先にチェックしたいポイントは次の3つです。

 

<基本1> 業績

以下3点を会社四季報などから確認します。

  • 売上高と利益の数値が拡大しているか
  • 上ブレしているか
  • 業務の持続性はあるか(独自の強み、売上拡大余地、企業内容のわかりやすさ、の3点から判断)

 

<基本2> PER

PER(Price Earnings Ratio:株価収益率)とは、会社の稼ぐ力(利益)に対して株価が割安かどうかを測る尺度です。

PER=株価÷一株益 で計算します。この数字が低いほど株価は割安といえます。

  • 10倍以下だと割安株(15倍が標準)

 

<基本3> チャートの形

最新のチャートを確認して、ざっくりとした株価の動きを確認します。

初心者のうちは、右肩上がりの上昇トレンド株を狙うと良いでしょう。

  • 上昇トレンド(右肩上がり)が好ましい

 

会社四季報のチェックポイント

株式投資初心者は、時価総額200~500億円前後の小型株が狙い目です。大型株を扱うプロの参入が少なく、また銘柄への注目度が低いためネガティブニュースに株価が反応しにくく、しかしポジティブニュースには反応しやすい、という特徴があります。

ただし、時価総額が極端に低い銘柄は取引量が少なく、売りたい時に売れない可能性があるので、避けた方が無難です。

 

<チェック手順>

会社四季報には、会社の詳しいデータが所狭しと載っています。

この会社データを以下の順番で確認し、投資候補を取捨選択します。

  1. 業績トレンド(売上高、経常利益の数字)
  2. 業績のブレ
  3. 売上高経常利益率(経常利益÷売上高=10%以上で優秀
  4. PER10以下
  5. コメント欄(業績拡大の背景、独自の強み、今後の成長ストーリー、中期経営計画などを確認)
  6. 一株益の妥当性(純利益÷経常利益=60~70%なら正常
  7. 自己資本比率 50%以上で安全、40%なら問題なし
  8. 有利子負債 純利益の10年分以内なら問題なし
  9. PBR 0.1~0.2と極端に低い株は避ける(優良企業で1倍割れは割安)
  10. キャッシュフロー営業CF投資CF財務CFがベスト)
  11. チャート 週足で13週と26週移動平均線との位置関係をチェック
  12. 買いのタイミング 「もみ合いからの上放れ」「上昇トレンドの押し目」

 

リスク管理

株式投資にリスクはつきものですが、下記3点を守ることで、リスクを抑え資産を守ることができます。

 

① 1銘柄への投入資金は全体の20%ぐらいまでに抑える

 

② 買いの理由を明確にする

  • 好業績、
  • 低PER
  • 上昇トレンド、など

 

③ 売りのタイミングを逃さない

  • 買いの理由がくずれたとき
  • 売りのタイミングに来た(目標達成した)とき(PER15倍、チャートの節目など)
  • もっと良い株が見つかったとき(購入株5銘柄+補欠5銘柄用意しておく)、など

 

授業で取り上げられた銘柄

講師の補助資料や口頭で触れた銘柄を記載します。

  • 2907 あじかん
  • 6630 ヤンマン
  • 3237 イントランス
  • 8117 中央自動車工業
  • 2814 佐藤食品工業
  • 6531 リファインバース、など

 ※投資は自己責任で行いましょう♪

 

www.f-academy.jp

 

「株式投資の学校」で学ぶ利点

とにかくとっても楽しいです!!

 

講師の方が本当に楽しそうに話すので、こちらまでワクワクしてしまいます。

四季報大好き♡だそうで、リビングなど常に手が届くところに四季報最新号と直前号の2冊を置いておいて、ヒマさえあればパラパラと見ているそうです。

トピックに応じて複数の講師が担当しますが、今講義してくださっている講師は女性の方で、しかも私の同じシングルマザーなんだそうで。なんだか親近感がわくと同時に、私も頑張ろう!とやる気と希望が湧いてきます。

 

授業では、最新の四季報を使って銘柄を吟味し、リアルタイムの株価チャートを確認しながら銘柄選びの手順を追っていくので、実際に自分でやるときにもそのまま活かせます。

実は私、株式投資のなんちゃって経験者で、10年以上前によく分からずなんとな~く買った株をまだ保有しています。購入後に株価が暴落し、損切りする勇気もなく塩漬け状態のまま忘れ去っていました。最近確認したら、運良く値上がりしていたので、まずはこの銘柄を分析して理解し、売りのタイミングを考えようと思っています。

 

また、最新号の四季報から、講師の目に止まった銘柄が教材として取り上げられるのも受講の利点です。それを参考にいくつか購入候補を選ぶ予定です。

 

授業中に繰り広げられる講師の成功話は参考になりますし、失敗談も学びが大きいです。お勧めの情報源や書籍を紹介して頂けるのもありがたいです。

こちらにまとめています▼

road-to-success.hatenablog.jp

 

私は通学できないのでWeb受講していますが、毎回配信を心待ちにしています。

Web受講は何度も見直せますし、一時停止したり巻き戻したり、あるいは倍速再生できたりもするので、本当に便利です。

教室受講の方もWeb受講できるので、授業中聞き逃した点の確認や復習ができて便利ですね。

 

教室受講にはその場で講師に質問できたりお話しできたりするという大きな利点がありますが、今はWeb受講で十分学べているので満足しています。

講師の方に直接お会いしてお話ししたいな、という気持ちはありますが、別途集まる機会もあるようなので、そのときが来るのを楽しみしています☆

と書いていたら、受講生用マイページに懇談会の案内が掲載されていました。開催はなんと日曜日の夜7時半~9時半…さすがに参加無理です(涙)。子ども達がもう少し大きくなったら参加できるかな。日中に開催されることはないのかな~…。ブツブツ…(笑)

 

 

株式投資の学校